ドラッカーマネジメント勉強会「明日を支配するもの」第二回目、3月6日(火)19:30より開催します

February 26, 2018

第二回目は、第二章の「経営戦略の前提が変わる」を読みますが、今回も働き方が大きなテーマの一つとなります。少子化の社会で、豊かな社会を維持発展させるために、高齢者や外国人も含めて、柔軟で多様な働き方について考えます。ドラッカーの定義する知識労働者については、確かに柔軟で多様な働き方で、イノベーションを起こすことができると思います。しかし、一方で、依然残る肉体労働にどう取り組むのかということも、考えたいと思います。ちょうど先週の日経ビジネスで、「社員の賞味期限」というタイトルの記事がありました。生え抜きの社員は、イノベーションを起こしにくいとか、付加価値の低いいわゆる〝マックジョブ″から抜け出て行けないとか。外部からのプロ人材と定型業務を行う派遣社員の間で、生え抜きプロパー社員はどうなるのか? 皆さんとデイスカッションしたいと思います。 ファシリテーター 中西 功
一回ごと、独立した内容になっていますので、第二回目からの参加でも大歓迎です。

お申し込みは、

info@integrity-cafe.com

 

 

 

 

Please reload

特集

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新のお知らせ
Please reload

Archive